意外と知らない横浜

横浜の歴史や事件、関係が深い人物の説明や観光スポットの紹介。

捨て猫




我が家で飼っている猫は野良猫で

親にも見捨てられてしまったかわいそうな猫ちゃんです。

 

拾われた直後の回想記

 

親猫が出産して2~3日経った頃でしょうか

人の気配がする場所から安全な住処へ一匹ずつくわえて

移動しているのですが

最後の一匹だけ、いつまで経っても取りに戻りませんでした。

 

まだ生まれたばかりなので目も開いておらず

「みゃぁみゃぁ」と鳴き声だけが聞こえてきます。

 

初めのうちは「そのうち親猫が来るだろう」と思っていたのですが

2時間経っても3時間経っても親猫は現れず

仕方がないので、その頃家では1ヶ月前に飼い猫が亡くなっていた事もあり

連れて帰る事にしました。

 

適当な袋に入れて電車で移動してましたが

突然車内で鳴き出したので乗客の視線が一斉にこちらに向きます。

いたたまれなくなったので

途中下車してタクシーで帰ることにしました。

 

そしてこの日から新しい猫ちゃんとの生活が始まります。

最初は牛乳を与えていましたが

いつまでも下痢をしている状態だったので

ペットショップへ行き状況を伝えると

 

「牛乳を与えるとお腹を壊すので猫には専用の粉ミルクを与えてください」と言われます。

 

「そうだったのか。どうりで」と納得し

さっそく粉ミルクと哺乳瓶を買って帰りました。

 

人肌に温めたお湯に粉ミルクを溶かして与えるのですが

まぁ 暴れることw

哺乳瓶の乳首部分がうまい具合に口にスッポリと収まるまで

爪を立てながら暴れまくってます。

 

歯で食いちぎる事もあって

離乳するまでに5本の哺乳瓶を買うはめになりました。

 

これが母親に捨てられた原因でしょうか?

 

お母さんは乳首を食いちぎられたのでしょうか?

 

今となっては育児放棄の理由はわかりませんが

可能性としてはありそうな気もします。

 

飲み終わるとお腹が破裂するんじゃないかと思うくらいパンパンに膨れてすぐに寝ちゃいます。

かわいいですw

 

だいたい3時間置きぐらいにミルクを欲しがるので

目を開けるまでの1ヶ月ほど夜中は

私の枕元に置いて育ててました。

 

トイレの時もティッシュをお湯で湿らせて

おしりをポンポンと叩いて刺激を与えると

にゅるにゅると金魚のフンみたいに出てきます。

 

こうして睡眠不足に悩まされながらも

毎日この作業を継続して

どうにか手を離れる時がきました。

 

その時はどうやら私が仕事に行っている時だったらしく

昼間目が見えるようになった子猫は

一番最初に見えた私の母が今まで世話をしてくれたのだと

認識してしまい産みの親のようになついてます。

 

ショックです。

寝る間をおしんで世話をしてたのに・・・・

 

母も母で母性本能を刺激されたのでしょうか

この日を境に猫の世話は母担当になりました。

 

現在は19年目に突入しソコソコ元気に暮らしています。

そこそこってなんだよw

 

関連記事


スポンサーリンク

Updated: 2017年2月4日 — 12:55 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



投稿日:
意外と知らない横浜 © 2015 Frontier Theme
/* get_the_modified_time()の結果が get_the_time()より古い場合はget_the_time()を返す。 同じ場合はnullをかえす。 それ以外はget_the_modified_time()をかえす。 */ function get_mtime($format) { $mtime = get_the_modified_time('Ymd'); $ptime = get_the_time('Ymd'); if ($ptime > $mtime) { return get_the_time($format); } elseif ($ptime === $mtime) { return null; } else { return get_the_modified_time($format); } }