意外と知らない横浜

横浜の歴史や事件、関係が深い人物の説明や観光スポットの紹介。

猫にあげてはいけない食べ物


飼い猫が可愛いからといってエサを与えすぎていないでしょうか?

こんな行為はNGです。

  • おねだりするたびにおやつを与えてしまう。
  • 人間の食事中についついおかずを与えてしまう。

この中で特にいけないのは人間の食事を与える事です。

人間が口にする加工品の中には猫にとって悪い影響を与えるものが含まれています。

 食べさせてはいけない食品

かつおぶし

リンの含有量が多いので尿石症の猫には与えてはいけません。

レバー

ビタミンAが豊富に含まれているので、過剰摂取による中毒症状を起こします。
また、味付けの濃いほかのやきとりもだめです。

さきいか

スルメやさきいかなどは、猫の赤血球を破壊する原因になる添加物が使用されている事があるので、絶対に与えてはいけません。

煮干

マグネシウムやリンが多く含まれていて塩分も高いので、尿石症の猫がNGなのはもちろんですが、健康な猫も発症のリスクが高まります。
与え過ぎに注意が必要です。

干物

干物や魚の塩焼きなどは塩分が多いので与えない方が無難です。
特に干物には添加物が含まれているのでNG

ちくわ、かまぼこ、カニカマなどの練り物

塩分や糖分のほかに添加物が含まれているので与えない方がいいでしょう。

チーズ

チーズは塩分が多いのでカッテージチーズなどの塩分含有量の少ないものを少し与えます。

牛乳

牛乳を飲ませると下痢をするので与えてはいけません。

また、他の乳製品にはカルシウムやリンが多く含まれているので、尿石症の猫には与えないようにして、健康な猫にも与えすぎに注意します。

ネギ 

ネギ類には溶血性貧血をおこす成分が含まれているので、絶対に与えてはいけません。
下痢や嘔吐、発熱を起こし、ひどい場合は死に至ります。

珈琲、お茶

カフェインは猫が中毒を起こす可能性があるので、絶対に与えてはいけません。

チョコレート、ココア

チョコレートやココアに含まれる「テオブロミン」が猫に中毒を起こします。
重症になると死に至るので、絶対に与えてはいけません。

ごぼうなど

ごぼうなどのアクの強い野菜にはマグネシウムなどのミネラルが多く含まれているので、尿石症のリスクが高くなります。

イカ、たこ、甲殻類

水中の汚染物質が消化器官に蓄積され、高濃度となって毒性を持っている事があるので与えない方がいいでしょう。

ほうれん草

シュウ酸を多く含むので尿石症のリスクが高くなります。

豆腐

カルシウムを含みにがりの元となる塩化マグネシウムは、腎臓疾患や尿石症のリスクが高まるので与えない方がいいでしょう。

ミネラルウォーター

マグネシウムやカルシウムを多く含み尿石症のリスクが高くなるので、猫の飲料水には適しません。

 

猫は自分で体調管理が出来ません。

与えただけ食べてしまうので、飼い主がしっかりと管理しないと尿石症や糖尿病などになるリスクが高まります。

猫の健康面もさることながら金銭面の負担も増えて家計を圧迫しますので、日頃から十分注意しましょう。

関連記事




スポンサーリンク

Updated: 2015年5月20日 — 3:45 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



投稿日:
意外と知らない横浜 © 2015 Frontier Theme
/* get_the_modified_time()の結果が get_the_time()より古い場合はget_the_time()を返す。 同じ場合はnullをかえす。 それ以外はget_the_modified_time()をかえす。 */ function get_mtime($format) { $mtime = get_the_modified_time('Ymd'); $ptime = get_the_time('Ymd'); if ($ptime > $mtime) { return get_the_time($format); } elseif ($ptime === $mtime) { return null; } else { return get_the_modified_time($format); } }