意外と知らない横浜

横浜の歴史や事件、関係が深い人物の説明や観光スポットの紹介。

富岡八幡宮と社叢林


横浜市金沢区富岡に建てられた神社

富岡八幡宮 

 

富岡八幡宮はおよそ800年前の建久2年(1191年)に源頼朝が摂津国難波の恵比寿神を祀ったのが始まりとされています。

安貞元年(1227年)には八幡神が合併され社名が八幡宮と改められました。
また、応長(1311年)に起きた大津波から富岡地区を守ったことから「波除八幡」との別名を持ち広く信仰され、東京深川の富岡八幡宮へ分霊されています。

ご利益  商売繁盛、所願成就

 

富岡八幡宮社叢林

 

社殿の北東に位置する社叢林(しゃそうりん)は、
関東地方ではほとんど見かけなくなったスダジイの群生が見られる貴重なエリアです。
社叢林
鎮守の森ともいう。神社に付随して参道や拝所を囲むように設定、維持されている森林のこと。

 

高さは18mもあり林の中にはタブノキやモチノキ、ヤツデなどが混生し、林床にはホソバカナワラビが一面に生育しています。

1988年(昭和63年)11月1日に横浜市指定史跡名勝天然記念物に指定されました。

 

富岡八幡宮への案内

 

所在地
236-0051
神奈川県横浜市金沢区富岡東4丁目5-41
045-776-3838

アクセス

京浜急行線 京急富岡駅下車 徒歩8分
シーサイドライン 並木北下車 徒歩10分
バス 4系統 徒歩3分

 

関連記事


スポンサーリンク

Updated: 2015年5月20日 — 3:13 PM


投稿日:
意外と知らない横浜 © 2015 Frontier Theme
/* get_the_modified_time()の結果が get_the_time()より古い場合はget_the_time()を返す。 同じ場合はnullをかえす。 それ以外はget_the_modified_time()をかえす。 */ function get_mtime($format) { $mtime = get_the_modified_time('Ymd'); $ptime = get_the_time('Ymd'); if ($ptime > $mtime) { return get_the_time($format); } elseif ($ptime === $mtime) { return null; } else { return get_the_modified_time($format); } }