意外と知らない横浜

横浜の歴史や事件、関係が深い人物の説明や観光スポットの紹介。

七夕の伝説


7月7日は七夕です

 

織姫と彦星が一年に一度だけ会うことが出きるという誰もが知っている話があります。

 

七夕の言い伝えとは

 

 

短冊を吊るすのに笹竹を使うのは笹や竹には神霊が宿るという伝承を信じているためで
お盆に先祖の霊を迎えるための依代(よりしろ)として用いています。

もともとは中国で生まれた話が日本に伝わったものです。

 

天帝の娘である織姫は天の川のほとりに住み機織をして暮らしていましたが
仕事に勤しむあまり年頃になっても恋の一つもせずに働いていました。

 

その姿をみていた天帝が不憫に思い
天の川の西に住む牽牛という青年に会わせる事にしたのです。

 

すると二人は恋に夢中になり、仕事をいっさいやらなくなったのです。

 

これを見ていた天帝が腹を立てて二人を天の川の両端へと引き離してしまい
これから真面目に働く事を条件に
1年に1度、7月7日の夜に牽牛と会う事を許されました。

 

それ以来お互いに反省し7月7日に会える事を励みに仕事に精を出すのですが
当日に雨が降ってしまうと天の川の水かさが増して織姫は向こう岸に渡れないのです。

 

お互いに切ない思いで見つめ合っていると、
どこからともなくカササギの一群が飛んできて翼を広げて橋となり織姫を牽牛へと導く手助けをするようになったのです。

 

 

日本では豊作を祈るお祭りとしての行事やお盆に先祖を迎えるための準備としての行事が全国で行われています。
七夕もお盆の時期に行われる恒例行事のひとつです。

 

七夕の語源は7月7日ごろに豊作を祈って
水辺に設けた棚機で巫女が御衣を織って先祖に捧げていた事と
中国から伝わった風習とが結びついて今の七夕になったという説が有力みたいです。

 

現代では神事としての関わりも薄れて
前日に七夕飾りの設置さえ済ませておけば人を集められる事から観光客目当ての行事となっています。

 

 

余談

牽牛星 (彦星) わし座の1等星アルタイル

織女星 (織姫) こと座の1等星ベガ

地球と彦星までの距離は約17光年

地球と織姫までの距離は約26光年

織姫と彦星の距離は約15光年あります。

ということは光速で会いにいっても15年かかることになりますね。

 


スポンサーリンク

Updated: 2015年5月20日 — 3:34 PM


投稿日:
意外と知らない横浜 © 2015 Frontier Theme
/* get_the_modified_time()の結果が get_the_time()より古い場合はget_the_time()を返す。 同じ場合はnullをかえす。 それ以外はget_the_modified_time()をかえす。 */ function get_mtime($format) { $mtime = get_the_modified_time('Ymd'); $ptime = get_the_time('Ymd'); if ($ptime > $mtime) { return get_the_time($format); } elseif ($ptime === $mtime) { return null; } else { return get_the_modified_time($format); } }