意外と知らない横浜

横浜の歴史や事件、関係が深い人物の説明や観光スポットの紹介。

健康茶


夏場に毎日飲む飲料としてミネラルウォーターや麦茶などがありますが、オリジナルの健康茶を作ってみました。

健康茶の作り方

2リットルの冷水筒を用意します。
お茶は国内産の六条麦茶パックと十六茶パックを使用します。

 

 

どちらもノンカフェインです。
麦茶は1ℓに1パックのものを2個使用。
十六茶は500mlに1パックのものを1個使用します。

 

 

 

冷水筒に沸騰したお湯を2ℓ入れ冷ましてから冷蔵庫で冷やします。
両方とも水出し対応ですが、熱湯に比べると色が薄くて味も物足りないので、好みにもよりますが濃い目の味が好きな方は熱湯の方がいいと思います。
煮出さなくても十分濃くて美味しい健康茶ができます。
1 ℓ容器を使う場合は1:1で良いと思います。

 

 

麦茶の香ばしさがプラスされて飲みやすいうえ、ノンカフェインなので水代わりに飲めます。
十六茶だけで飲んでもいいのですが、1パックが500ml用なのですぐに使い終わってしまうため、麦茶に入れる事(1パックで2ℓ出来る)でがぶ飲み出来るようにしてみました。

 

国内産ノンカフェイン十六種ブレンド茶

 

十六種の成分(効能)

目薬の木  肝機能の改善や白内障による視力低下やかすみ眼、眼座出血、緑内障など目のトラブルに効力があります。
(伝染症の結膜炎やトラコーマには効果がありません)

熊笹 コレステロールの上昇抑制、血栓溶解、抗癌作用、肝臓病予防、高血圧予防、胃腸病の改善、糖尿病予防などの効果があります。

小豆 ミネラルやビタミン類が豊富で活性酸素の抑制、免疫力向上、血行促進、血栓、動脈硬化の予防などの効果があります。

杜仲茶 杜仲茶には現代人には摂取しづらい天然の微量元素が含まれていて老化防止、高血圧予防、肝臓病予防、癌予防、肥満防止に効果があります。

びわ茶 皮膚炎予防、あせも防止、血行不良改善、咳止め、脚気予防、胃病、癌予防の効能があります。

あわ 貧血や動脈硬化の予防、腸内環境を整え、脂質の代謝を改善し肥満予防の効能があります。

桑の葉 滋養強壮、疲労回復、補血作用、高血圧、動脈硬化、糖尿病の予防、関節痛、神経痛の改善、せき、ぜんそく、便秘、ダイエットなどに効果があります。

どくだみ 解毒、血圧降下、解熱作用のほか、蓄膿症、便秘、アトピー性皮膚炎の改善、十二指腸潰瘍、胃炎の予防、神経痛改善の効果があります。

たまねぎの皮 動脈硬化の予防、高血圧の抑制、花粉症やアトピー性皮膚炎の緩和、便秘解消、血中コレステロール上昇の抑制、糖尿病・白内障の改善、抗癌作用、認知症の予防と改善に効果があります。

玄米 血中コレステロール値の低下、高血圧の改善、便秘、糖尿病、癌、動脈硬化、脳卒中、心筋梗塞などの生活習慣病の防止に効果があります。

ごま 滋養強壮、老化防止、脳卒中、心筋梗塞、骨粗鬆症の予防、貧血の改善、便秘の改善に効果があります。

大麦 整腸作用によるダイエット効果、便秘の改善、脚気予防、血中コレステロール値、血糖値上昇の抑制に効果があります。

ウコン 肝機能強化、利尿作用、血中コレステロール値の抑制、消化不良の改善に効果があります。

黒大豆 肥満防止、糖尿病、動脈硬化、骨粗鬆症の予防、老化防止、美肌効果、視力回復、眼精疲労防止、抗酸化作用の効能があります。

きび 動脈硬化、高血圧の予防、便秘、消化不良の改善、貧血予防、骨粗鬆症の予防に効果があります。

はと麦 神経痛、リュウマチ、筋肉痛、脚気、むくみの改善、癌予防、食欲増進、胃もたれ予防、美肌効果があります。

 

関連記事

 


スポンサーリンク

Updated: 2015年5月20日 — 3:44 PM

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です



投稿日:
意外と知らない横浜 © 2015 Frontier Theme
/* get_the_modified_time()の結果が get_the_time()より古い場合はget_the_time()を返す。 同じ場合はnullをかえす。 それ以外はget_the_modified_time()をかえす。 */ function get_mtime($format) { $mtime = get_the_modified_time('Ymd'); $ptime = get_the_time('Ymd'); if ($ptime > $mtime) { return get_the_time($format); } elseif ($ptime === $mtime) { return null; } else { return get_the_modified_time($format); } }