意外と知らない横浜

横浜の歴史や事件、関係が深い人物の説明や観光スポットの紹介。

30回噛むだけで痩せる驚きのダイエット


毎日のように雑誌やメディアでグルメ特集を目にする事が多くなっている今日この頃。

いざダイエットすることを決意しても、誘惑が多すぎてストレスさえ溜まってしまいます。



 

なぜ食欲を抑える事ができないのか

 

ストレスも食欲を増進させる要因の一つで、「グレリン」というホルモン物質が増えることで起こります。
無理に食事の量を減らしても、ストレスを感じてしまい長続きがしないのはこのためです。

視覚へ飛び込んでくるグルメ情報や嗅覚を刺激する香り、これらを我慢しようとした時に起こるストレス、もう現代では「意思」の強さだけではどうにもならないのです。

 

では、どうしたらよいのか?

 

「ヒスタミン」の分泌を増やせばいいのです。
ヒスタミンは体内でアレルギー症状を起こすやっかいな物質ですが、最近の研究により脳内だけにヒスタミンを量産できることがわかってきました。

NHKの番組で取り上げています。

 

 脳内だけにヒスタミンを増やす方法

 

ヒスタミンを薬のように飲んでも、血管脳関門を通り抜ける事ができないので脳内には到達できません。
けれども噛むという行為が脳に刺激を与え、結節乳頭核という部分に届いてヒスタミンを量産出来ることがわかってきました。
そのヒスタミンが満腹中枢を刺激する事で満腹感を得られるようになります。
しかも、脳内のヒスタミンには内臓脂肪を減少させる効果もあるそうです。

 

43キロ減量させた咀嚼法とは

 

理想的な咀嚼法はひとくちにつき30回咀嚼することです。
忙しい現代人には実行するにはハードルが高そうな気もしますが、お金をかからずに、食事制限もしないで痩せられるのであれば実行してみる価値は十分にありそうです。
噛む回数が増えれば効果があるわけでもなく、30回を超えると飽きてしまい長続きしないようです。

 

ヒスタミンを作る原料となる食材を摂取しよう

 

アミノ酸の一種である「ヒスチジン」は脳内でヒスタミンを作る際の原料となります。
ヒスチジンを多く含む食材はマグロやカツオなどのほか、サンマやサバなどの青魚に多くふくまれています。
子牛肉や鶏肉、チェダーチーズなどにも含まれます。

131種類の野菜・果物・植物をまるごと凝縮!
日本盛 植物生まれの酵素

関連記事

 


スポンサーリンク

Updated: 2015年5月20日 — 3:44 PM


投稿日:
意外と知らない横浜 © 2015 Frontier Theme
/* get_the_modified_time()の結果が get_the_time()より古い場合はget_the_time()を返す。 同じ場合はnullをかえす。 それ以外はget_the_modified_time()をかえす。 */ function get_mtime($format) { $mtime = get_the_modified_time('Ymd'); $ptime = get_the_time('Ymd'); if ($ptime > $mtime) { return get_the_time($format); } elseif ($ptime === $mtime) { return null; } else { return get_the_modified_time($format); } }